真珠ネックレスのサイズと選び方について

初めて真珠ネックレスを購入される方が迷うのが「珠サイズ」ではないでしょうか?
こちらのページは、真珠ネックレスの珠サイズと選び方について簡単にご説明いたします。

あこや真珠のサイズ(大きさ)

真珠はその品質(形・色・キズ・真珠層の巻き厚・照りなど)が同じモノであれば、真珠のサイズが小さければ小さいほど価格が低くなり、大きくなればなるほど高額となります。
あこや本真珠のサイズは2~10mm珠のものがあり、パールネックレスに使用されるのは5~9mm珠のサイズが主流です。8mm珠サイズになると大珠とよばれ、さらに9mm以上を超えるサイズは希少価値があり高価なものとなります。

珠サイズ目安

あこや本真珠のサイズ比較表

年齢で真珠ネックレスの珠サイズを選ぶ時のポイント

size2-b【10代~20代前半の女性】
若い女性があまり大粒の真珠を付けてしまうと「借りてきた感」が出てしまうので、7-7.5mmかそれ以下の控えめなサイズが似合います。
ただし、20代前半で一生使えるモノを…とお考えなら、定番の7.5-8mmの真珠ネックレスを中心に選ばれることをお勧めします。
■オススメサイズ
7.0-7.5mm6.5-7.0mm5.0-6.5mm7.5-8.0mm*20代以降推奨

size3-b【20代後半~30代の女性】
定番の7.5-8mmサイズを中心に幅広いサイズが似合います。しかし、30代の女性が小さめサイズのパールネックレスを1連で身に付けると、周りに「小ぶり…」と思われてしまう傾向もあるので、小さくても7-7.5mmが限界サイズとして考え、照り(光沢)などの質にもこだわって選ぶのが妥当です。
■オススメサイズ
8.0-8.5mm7.5-8.0mm7.0-7.5mm

8.5~9mm【40代以降の女性】
8mm以上の大粒サイズが似合う年齢になりますので、「ワンランク上の真珠を…」とお考えなら8-8.5mm、9-9.5mmなどの大珠や、最高級と呼ばれる花珠真珠にこだわって選ばれるのもよいかと思います。
■オススメサイズ
9.0-9.5mm8.5-9.0mm8.0-8.5mm7.5-8.0mm

その人に似合う真珠のサイズは、体格や顔の印象でも変ります。

年齢別で真珠のサイズをご紹介しましたが、年齢とは別に、体格や風格、顔の印象などでも、その人に似合う真珠のサイズは変ってきます。

例えば、高身長で大柄な女性や、大人っぽい顔、ハッキリとした顔の女性は、若くても大きめサイズの真珠が似合う場合がありますし、逆に、ご年配の方でも身長が低く小柄な女性や 華奢な体系、幼い顔立ちの女性は、大粒の真珠よりも小さめの真珠が似合う方もいます。
年齢別などは、真珠のサイズを選ぶ際に推奨される一例ですので、あくまでも参考程度に捉えて下さい。

珠サイズで選ぶ冠婚葬祭用あこや本真珠ネックレス
▲こちらも参考にご覧下さい▲

輝きの美しい上質な真珠ほど、より大きく見える。

輝きで違う大きさの見え方左画像の真珠ネックレスはどちらも同じ7.5-8.0mm珠ですが、(A)は一般のあこや真珠、(B)はあこや真珠の中でもさらに品質がよい「花珠真珠ネックレス」です。

透き通るような虹色の光沢を放つ花珠真珠は、一般のあこや真珠と比較すると、より輝きが強いので少し大きく見えます。

このように「輝き(テリ・光沢)が強い高品質な真珠であるほど、ボリュームと華やかさが増す」という点も考慮しながら、年齢や予算に応じてピッタリな真珠ネックレスをお選び頂ければと思います。

真珠のサイズ表記について

イメージ図真珠のネックレス(パールネックレス)のサイズに「6~6.5mm」や「8~8.5mm」などと表記されていますが、これは、真珠が0.5mm以内のサイズ誤差でネックレスが組み上げられているからです。例えば、「7~7.5mm」と表記されている真珠ネックレスは、“7.0mm以上~7.5mm未満”の真珠で組み上げられていることになります。

また、そのサイズ誤差は、ネックレスを着用した際、美しく見えるように配置され組み上げられています。
センターとなる付近に大きめ*の真珠を配置し、後ろの留め具付近に小さめ*の真珠を配置して、ゆるやかなグラデーションになるよう作られています。

*この「大きめ」「小さめ」とは、例えば“7.5~8mm”と表記された真珠ネックレスの場合、センター付近が 8.0mm に近いサイズのもの、後ろ(留め具付近)が 7.5mm に近いサイズのものということです。